ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

「神の手ではありません」

2016.01.15 未分類

すい臓がん、胆管がんは消化器外科医の行う手術で最も難易度の高い技術を要します。

番組で紹介されていたように腫瘍を摘出するまでに長い時間を要することと、大きく切除した臓器の機能を元に戻すための再建の手順に同じように長い時間が掛かります。
通常すい臓がんの手術に要する時間は6時間から10時間以上です。

他の病院で手術不能と診断された患者さんの手術を多く手掛けられて素晴らしい治療結果を残されているようです。

しかし、ご本人はけして神の手ではなくがんの状態をしっかり把握して十分準備をして臨むだけととても謙虚なコメントをされていたのが印象的でした。

ひと昔まえに比べると効果の高い抗がん剤も開発されてすい臓がんの治癒率、延命効果は格段に向上しています。

どんながんになってもあわてることなく正しい治療を選択したいものですね。

http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/01_10.shtml