ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

「私にはスタートだったの あなたにはゴールでも」

2016.04.03 未分類

昔ヒットしたJAYWALKの歌の歌詞で印象に残っていたフレーズです。

日々人間ドックの診療に携わっていると時々これが頭をよぎるのです。

健診や人間ドックを受けていただいて再検査や治療開始のコメントを結果に記入しますが、翌年の受診の際に指示を全く気にせずなにも対応していない方を多く見受けます。

どうも受けてしまうと結果はどうあれ安心してしまってあまりよく結果に目を通さない様なのです。

生活習慣病があったら食事・運動療法や内服治療が必要ですし、便潜血陽性だったら大腸カメラを受けることが望ましいですし、ピロリ菌陽性なら除菌した方がいいのです。

しかし、何もしないで1年を過ごされる方が少なくありません。

私のクリニックの特徴の一つは当日に重要な検査結果はほとんどお伝えし、血液データや内臓脂肪量、CT・胃カメラ・超音波の結果を踏まえて食事や運動の生活指導させていただいていることです。
さらに必要な場合は近隣の医療機関へ受診することをお願いします。

人間ドック中の待ち時間をできるだけ減らす工夫を常にしているのはこのご指導の時間をなるべく多くしたいからです。

人間ドックを受けることはゴールではなく、これからの健康維持のためのスタートラインに立ったばかりであることをお忘れにならないようにお願いしたいと思っております。

といいつつ、人間ドックの最後のご指導にかなり力を入れているにもかかわらずなにも対応されない方がいるたびにがっかりする日々ではあります。