ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

「運動をする女性は肺がんと乳がんが少ない」

2015.06.16 ガン

米国臨床腫瘍学会(ASCO)での米スタンフォード大学の研究発表です。

50~79歳の閉経した女性約13万2,000人を対象に12年追跡調査しています。

運動に費やす週あたりの時間が多かった女性は、肺がんの発症率も死亡率も低下していました。元ヘビースモーカーや現在喫煙している人でも同様の結果でした。

運動により肺がん予防効果が得られるのは、肺機能が向上し、吸入した発がん物質の沈着が抑えられるためかもしれないということです。

一方、フランスの研究で1987~2014年に発表された計418万人を対象とする38件の研究をレビューした結果、身体活動量の最も高い群では、最も低い群に比べて乳がんリスクが11~20%低下、運動をしない女性が週4~7時間の激しい運動を始めれば、乳がんリスクを31%低減していました。

運動によってエストロゲンを産生する脂肪細胞が減少することから、運動が乳がんリスクを低減させると考えられました。

運動は動脈硬化の進行を抑制するだけでなく発がんも低減されるわけですね。