ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

「たんぱく質:30%、糖質:5%、脂質:4%、炭水化物:10%ってなんでしょう。」

2015.08.25 ダイエット

DITという言葉はご存知ですか。

これはダイエットに大変役立つので是非覚えていただければと思います。

DITは食事誘発性熱産生といって食物を消化吸収する際に使われるカロリーのことです。

簡単にいえば肉で500カロリー食べても3割は吸収する際の熱エネルギーに変換されて吸収されるのは350カロリーということになります。

対してラーメンで500カロリー食べても九州のエネルギーは50カロリーしか使われないので450カロリーが残ってしまいます。

昨今の糖質ダイエット、肉ブームは理由があったのですね。

また、DITをより高める食べ方があります。

それはよく噛まないと食べられないもの、時間をかけないと食べられないものを選びできるだけゆっくり時間をかけて食べることなのです。

噛むことであごの筋肉を使いエネルギーが消費されます。
ゆっくり嚥下することで血糖値の上昇を抑制できます。

ファーストフードが問題なのは吸収が良い成分が多く良く噛まなくても短時間で食べられることなんですね。

忙しい現代人の食事時間はどんどん短くなってきています。
核家族で一人で食事を摂る方が増えていますが、大勢で食べるときに比べると早く食べてしまう傾向があります。

DATの効果は朝食で最も発揮されます

しかし、人間ドックをさせていただいた際に生活習慣のアンケートを取っていますが朝食を摂らない方が増加しています。
結婚が遅くなり一人暮らしの男女が増えたことは一因です。

以下がポイントです。

1、時間をかけてよく噛んで食べる
2、たんぱく質を多めに食べる
3、冷たいものよりも熱いものを食べる
4、朝食はしっかり摂る 夜は少なめに

おすすめのタンパク質は以下の通りです。

・脂身が少ない噛みごたえのある肉の料理
・魚ー干物はよく噛むのでおすすめ
・卵ーゆで卵、煮卵は噛むのでおすすめ
・チーズ
・豆腐、油揚げ、納豆、みそ

DITでのダイエット始めてみてはいかがでしょうか。

http://dietondiet.com/kisochishiki/diet_dit.html