ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

オーダーメード人間ドック

2014.03.05 人間ドック

人間ドックで重要な事は検査結果を正しく健康に反映させてゆくことでしょう。

ただ、性別や年齢、生活習慣によって留意するポイントが違ってきます。

当院の人間ドックでは、検査前に以下のようなアンケートをして生活習慣の問題点を踏まえつつ検査を進め、最後に生活の細かいご指導をしています。
また、検査途中にも食事内容や摂り方、運動の内容をお聞きしています。
そのため超音波検査、胃カメラの際も常に会話をしながら検査は進んでゆきます。
検査中には会話をしつつ以下のことをお聞きします。

・夕食を摂る時間帯 遅い時間ではないか
・食事に掛ける時間  早食いしていないか
・食事の内容  偏っていないか
・間食の程度 女性の肥満の原因
・通勤で歩く時間 自動車通勤や自営で自宅での仕事か
・外食の頻度 接待や飲み会が多いか
・飲酒量と内容 蒸留酒か醸造酒か チャンポンかどうか
・過去にやっていたスポーツ ハードな程やめた後に太りやすいため
・体重の変化 体重増加が緩徐か急激か
・一人暮らしか否か 食事のパターンに影響
・食事を作るか 外食の頻度に影響

人は皆お一人お一人違います。
検査データだけでは個々の健康状態は見えてこないのです。

健康維持は、ご本人がご自分の問題点を正確に把握しどう生活習慣を変えてゆけるかに掛かっています。

人間ドックはそのための第一歩だとお考え下さい。
受けっぱなしではもったいないですね。

当院でも他院でも健診を受けてしまって結果をよく見ないで放置する方が不思議なことに多いことに以前より気付いておりました。

人間ドックをより意味のあるものにするために。

わかすぎファミリークリニックは人間ドックで個々に対応したオーダーメードを目指しています。

人間ドック直前チェック
- 生活習慣の問題度判定 ―
動脈硬化の原因となる高血圧、糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症)の4つの疾患―――これらは従来成人病と呼ばれていましたが、聖路加国際病院理事長・名誉院長の日野原重明先生の提唱により生活習慣病と改称されました。
動脈硬化は成人になることだけで自動的に進むのではなく生活習慣に大きく影響されることを明確に認識して欲しいというメッセージが込められています。
日本人の生活習慣はこのわずか20年ほどの間に激変してしまいました。
小児期から成人期に至るまで運動量は減少傾向を続けています。交通機関の充実、エレベーターの普及等で日常生活において体を動かす必要性がなくなってきています。
また経済成長で食生活が充実し、摂取カロリーは減ってきているのに対し動物性脂肪の摂取が増えて肥満が蔓延しています。
日本人には肥満遺伝子を持っている方が多いことがわかっています。この遺伝子は、食物が少なくなってきた場合、食べられるうちにたくさん栄養を摂るように指令を出します。そして体に

脂肪を蓄え飢餓状態に備えるのです。遺伝子の作用には個人差があり、人によっては食欲が亢進しすぎて肥満がもたらされます。
戦時中のような食物が無い時期は有用ですが、飽食の時代においてはかえって健康の阻害因子となります。
しかも現在の日本のように世界でもトップレベルの豊かな食環境の中では、肥満遺伝子があまり作用しなくても過食に陥りやすいのです。
生活が豊かになれば当然‘食’は充実します。健康に留意しつつ食事量をセルフコントロールすることは大変困難です。
また、忙しいこの時代に必要な運動量を持続的に維持することもなかなかできることではないでしょう。
この人間ドック必要度チェックは生活習慣の実際に問題になる項目を選択しています。中には?というような質問もありますが実は重要なものです。
基本的に該当項目が多いほど問題が多いということになります。基準数を越える場合、思い当たる点が多い場合は健康診断、人間ドックを定期的に受けましょう。
ただ、人間ドックは受けるだけでは十分ではありません。お受けになっただけで安心されて、結果を詳しく見ない方が多く見受けられます。とてももったいないことです。
通院・再検査や食事・運動療法が必要とされたら指示通りになさっていただきたいと思います。

さあ、人間ドック直前チェックで生活習慣を見直しましょう。

食事
□ 一日3食摂っていない(朝食はほぼ摂らない)
□ 間食が多い
□ 食事の時間が不規則
□ 肥満がある  (BMI 25以上)
□ 夕食は9時を過ぎることが多い
□ 夕食を終えて就寝までが2時間以内になることが多い
□ 体重が増えてきている
□ 以前から肥満気味だった
□ 早食いが習慣になっている
□ 満腹にならないと気が済まない
□ 食後にくだものやデザートを摂る
□ 外食が多い
□ 出張が多い
□ 脂っこいものが好き
□ 麺類は大盛りにする
□ ラーメンと一緒に餃子を注文することが多い
□ そばにミニ丼を付けることが多い
□ グルメが趣味である
□ 接待の機会が多い
□ 外食するとたくさん食べてしまう
□ 回転すしで7皿以上食べる
□ 味の濃いものが好き

□ イタリア料理・フランス料理によく行く
□ 中華料理によく行く
□ 焼肉によく行く
□ 食べ放題を注文することが多い
□ 飲み放題を選択することが多い
□ 健康のために野菜ジュースをたくさん飲んでいる
□ 缶コーヒー・ジュース。清涼飲料水をよく飲む

飲酒
□ ほぼ毎日飲酒している
□ 休肝日はない
□ 酒量が多い方である
□ ビール、日本酒またはワイン、甘いチューハイをメインで飲む
□ 飲酒後に必ずご飯、麺類を摂る
□ 接待、付き合いでの飲酒が多い
□ 飲み放題をオーダーすることが多い
□ チャンポンで飲むことが多い
□ 酒に強いと言われる
□ 飲酒しないと就寝できない
□ ワインが趣味である
運動
□ 定期的な運動をしていない
□ 仕事はデスクワーク
□ 日常で汗をかくことがあまりない
□ 電車ではなるべく座るようにしている
□ 移動は自転車が多い
□ 移動は車が多い
□ スポーツをしていたがやめている
□ 歩きはいつもゆっくりである
□ エスカレーターをよく利用する
□ 近い階でもエレベーターを利用する
□ 通勤で徒歩時間は15分以内
睡眠
□ 睡眠時間が6時間以下である
□ 睡眠中に呼吸が止まっていると言われる
喫煙
□ 毎日喫煙する
□ 10代から喫煙している
□ 自分では喫煙しないが配偶者は喫煙する
□ 自分では喫煙しないが家族が喫煙する
□ 飲酒すると喫煙量が増える
□ パチンコが好きでよく行く

□ マージャンを長時間している
□ チェーンスモーカーである
□ 仕事中はずっと喫煙している
□ パイプタバコを一日中くわえている
家系
□ がんで死亡した親類が多い
□ 脳卒中、心筋梗塞で死亡した親戚が多い
がん
□ がん家系である
□ 赤み肉を多く摂る
□ 肥満がある
□ ヘリコバクター・ピロリがいるといわれたが除菌治療はしていない
□ 飲酒が多い
□ 運動はあまりしていない
□ 野菜・果物をあまり摂らない
□ 肝炎ウィルス(B型・C型)の保菌者である
□ 40歳を過ぎているががん検診を受けていない
□ 40歳を超えているが乳がん検診、子宮がん検診を受けていない  (女性)
□ 塩辛いものが好き
□ 保存食(漬物、ハム、魚の干物等)が好き
□ 焼肉、焼き魚は良く焼いて食べる(焦がすことが多い)

※ 過去に検診をお受けの場合お答えください
検診後の対応

□ 検診時血圧が140/90を超えているが放置している

□ 家庭血圧が125/80を超えているが放置している

□ 空腹時血糖が110以上だが放置している

□ 中性脂肪(トリグリセライド)が150以上だが放置している

□ HDLコレステロールが40以下だが放置している

□ LDLコレステロールが140以上だが放置している

□ 腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上だが放置している

□ 便潜血が陽性だが大腸の検査(注腸検査あるいは大腸内視鏡検査)を受けていない

□ 胃潰瘍、十二指腸潰瘍があってヘリコバクター・ピロリが陽性だが除菌治療していない

これまでの病歴

□ 高血圧
□ 糖尿病
□ 高脂血症(コレステロールまたは中性脂肪が高い)
□ 脳卒中
□ 狭心症または心筋梗塞
□ 肝機能障害
□ 腎機能障害
□ がん(悪性腫瘍)

結果判定基準

さあ、結果はいかがでしたか。以下が問題となる項目数の基準です。
食事       5項目以上
飲酒       3項目以上
運動       3項目以上
喫煙       3項目以上
家系       1項目以上
がん       3項目以上
検診後の対応   1項目以上