ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

同性の方が気が楽?!人間ドックの担当者の性別は気になる?

2015.03.03 人間ドック

最近では健康に関する意識が高くなっており、それに伴い人間ドックの受診者数も年々増加しているようです。人間ドックを受ける事で、普段自覚症状のない病気でも早期発見でき、また普段の生活習慣や身体の悩みを相談する事も可能です。せっかく人間ドックを受けるなら気兼ねすることなく検査を受けたいですし、不安な事もしっかり相談しておきたい所ですが、異性の担当だとちょっと緊張してしまうという人もいるのでは?そこで今回は人間ドッグの際に担当者の性別を気にする人はどのくらいいるのか、アンケートを取ってみました。

人間ドックを受診する際、担当者の性別は気になりますか?

【質問】
人間ドックを受診する際、担当者の性別は気になりますか?

【回答数】
同性が良い:37
異性が良い:4
どちらでも良い:59

気になるのは性別よりも腕?!6割はどちらでも良いと回答

アンケートによると、過半数が「どちらでも良い」と回答しています。

・あまり、性別は気にしません。それよりも検査に慣れているかどうか、検査経験が多いかどうかが気になります。
・医者の性別を気にしたことはありません。性別よりむしろ、スキルがあるか否かが重要かと。
・信頼できる人ならば、性別はどちらでもいいと思います。健診を受けるのに男女は関係ないと思います。
・希望が通るようなら婦人科検診は女の先生が良いが、通らない場合はさほど気にせず受けている。

「どちらでも良い」と回答している人の多くが、性別よりもスキルを重視しているようです。せっかく検査を受けるのですから、出来るだけ経験豊富な担当に診てもらい、病気を見逃す事がないようにしてもらいたいと思う人が多いのではないでしょうか。しかし「婦人科検診なら女の先生が良い」という意見もあり、基本的にはどちらでも良いが一応希望は伝えてみるという人もいました。

やっぱり話しやすい!同性を希望する人も4割!

次いで、どちらか選べるのであれば「同性が良い」という意見が多くありました。

・やはり女性の先生に担当していただいた方が言いたいことや聞きたいことがはっきりと聞けるから。男性の先生でも悪くはないのだが、女性特有の悩みや婦人系の健康状態は女性の先生に確認していただきたいのが本音と言うところ。
・女性の病気などを聞きたいときなどはやはり同性の方が聞きやすいので。
・やっぱり同性にしかわからないこともあるし、相談しやすい。異性だと恥ずかしさが勝ってしまって不安になる。
・検診の技術が同じならば、体を見られたり、触られたりするのでできれば同性のほうがよい。

「女性特有の病気については同性の方が話しやすい」という意見が多くあったようでに、デリケートな悩みがあれば異性よりも同性の方が話しやすいと感じる人が多いようです。せっかく相談できる機会なのに、恥ずかしくて質問できなければ勿体ないですよね。また検査も体を見られたり触られたりするのは当然ですが、同性の方が抵抗が少ないという声も。
逆に異性の担当者を希望するという意見はほとんど見られませんでした。

中には担当者の性別を気にしている人もいる!

アンケート結果では、人間ドックの担当者の性別に関しては「どちらでも良い」と考えている人が一番多かったのですが、「同性が良い」と答えた人も4割近い結果となりました。やはり同性の担当者の魅力は「気軽に相談が出来る」という点のようです。
一概に人間ドックと言ってもその病院によって料金や検査内容も異なりますが、最近ではインターネットを利用すれば自分に合った人間ドックを簡単に探せます。病院によっては事前に担当者の性別が分かる所もありますので、サービスや検査内容以外にも医師の性別も気にしてみると良いかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年12月24日~2015年1月7日
  • 有効回答数:100サンプル