ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

健康状態が分かる検診や人間ドック!指摘内容は理解出来た?

2015.03.03 人間ドック

年に一度とか、検診や人間ドックを自分で手続きして受けたり、会社の規定で受けるようになっている人は多いですよね。検診後、結果をもらう訳ですが、記載されている項目で専門用語や数値が並んでいて、どういう意味があるのか、戸惑ったことがある人も意外と多いのではないでしょうか。
特に問題がなければ、そのまま検診結果用紙をしまってしまう場合もあるでしょうが、異常値になっている場合は一体どういうことなのか、心配になりますよね。そんな時、その内容についてどのくらいの人が理解しているものなのなのか、ちょっと気になるところです。そこで、指摘を受けた内容について分かっているものなのか、アンケートを取ってみました。

これまで受けた健診や人間ドックで問題を指摘された際、問題点は理解できましたか。

【質問】
これまで受けた健診や人間ドックで問題を指摘された際、問題点は理解できましたか。

【回答数】
理解できた:75
理解できなかった:25

理解出来た人が7割以上!検診結果を分かっている人が多い!!

今回のアンケート結果では、検診結果を「理解できた」と回答された方がなんと75%になりました。

・わからない用語を調べたり普段から健康番組を見ていたのでネットで調べたりした
・どういう数値がどういうことをあらわしているのかきちんと説明があり、データでみるよりわかりやすかった
・これまでの健康診断ではコレステロールや血糖値が高かったが、詳しく説明された書類が結果と一緒に送られてきたので、それを読むととてもわかりやすかった
・わかりやすい説明が添付されているので、大体理解することができました

「理解できた」と回答された方では、詳しい説明文が添付されていて、それを読むことで理解しているという意見となっています。病院や検診センター側も、受診者に対しキチンとフォローする体制になっているということでしょう。その他、ネットで調べるなどして理解している人も多いですね。数値が適正範囲から外れている場合は、やはり心配になってしまうので、理解しようとする様子がうかがえる結果となっています。

問題点を理解出来なかったという人も意外と多い!

アンケートの結果、「理解できなかった」と25%の方が回答しています。4人に1人はよく分からないという結果となっています。

・数値に対する説明が少なく,その数値がどの程度であれば危ないのかがよくわからなかったからです
・検査結果で渡される紙に記載されている数値や結果が、専門的すぎて理解に苦しみました
・理解できなかったですね。専門用語が多すぎて素人のわたしにはまったくわからなかったです
・特に大きな問題点はなかったが、医師から軽く注意と言われた項目が全く聞きなれない部分で更にたいした説明もなかった

「理解できなかった」と答えた人では、検診結果についての説明が少なく、数値だけ見ても理解出来ないという意見がありました。また、数値だけなく専門的な用語と合わせて、どう理解していいか分からず、ちょっと諦めてしまっているようすもうかがえました。専門用語を並べられると、理解出来ないものと受けとめがちになってしまうのかもしれません。それに対し、検診側で分り易く説明してくれないケースもあるようですね。

理解している人が圧倒的に多いけれど、中には理解出来ない人も!

今回のアンケート結果では、多くの人が検診や人間ドックで問題を指摘された際、添付の説明文を読んだり、ネットなどを使って自分で調べたりすることで、一体どういうことなのか、理解していることが分かる結果となりました。それでも、2割以上の人が理解出来なかったと答えています。
不明点があったら自分で理解しようとすることは大切ですが、より分かり易い説明の徹底など検診側にも配慮が必要な場合もあるようです。自分の健康状態を知ることが出来る折角の機会ですから、大切にしたいものですね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年12月24日~2015年1月7日
  • 有効回答数:100サンプル