ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

ヘリコバクター・ピロリ菌除菌のおまけ

2011.01.14 医学一般

除菌治療を受けた方で良い意味での体調の変化が報告されています。

・慢性じんましん、アレルギー性鼻炎、薬剤性アレルギーの改善
・過敏性腸症候群の症状改善
・口臭の軽減

人体には体表や体内に常在菌が存在して共存しています。共存がうまくいかないことによって悪影響を及ぼす事がありますが、ピロリ菌除菌によってそのバランスが改善するのかもしれません。

ピロリ菌除菌は比較的量の多い抗生剤を2種類使います。ピロリ菌以外にも当然抗菌作用があるために、全般的に広範囲の細菌を攻撃します。除菌の際にやや下痢気味になるのは腸内細菌の多くが死滅するからです。
除菌で特定の悪玉菌が抑制されていろいろな疾患の症状改善が見られることは不思議ではありません。
しかし、常在菌のバランスが変わることで不具合もあり得ますが今のところそういう報告はありません。

ピロリ菌除菌は胃がん予防の歳代の武器です。
40歳までならほぼ100%、70歳でも70%の胃がんを予防できます。

昨年2月よりの除菌対象者の拡大によって除菌治療をお受けになる方は急増しています。
今後も除菌による他の症状改善の報告を待ちたいと考えています。