ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

医学一般

2012.12.07 医学一般

ーご自分の血液型ご存知ですかー

人間ドックや健診で時々血液型は調べないんですかというご質問をいただきます。
通常は特にご希望が無い場合は血液型を調べることはありません。
出生時に産科でも血液型は調べないことが多いのです。

それはなぜなのでしょうか

血液型がなんであるかが問題になる時というのは輸血を受ける場合です。手術や事故である程度の出血があったり予想される時に輸血の準備をします。その際には血液型を調べます。
基本的にご本人が申告された血液型は現場では参考にしないのです。勘違いのこともありますし場合によっては気が動転している時もありますから。
血液型の検査は数分でできます。と同時に輸血する血液が患者さんに適合するかを1パックごとに判定するのです。血液型が一致するだけでは輸血はしません。当然適合しないパックは輸血できないわけです。
輸血することが決定して実際に輸血に至るまでにはこれだけの手間が掛かりますので血液型だけ知っていてもあまり意味はないことになります。

これが血液型を健診で検査しないまたは血液型を知らなくても問題ない理由です。