ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

「ポリープって何?」

2015.04.21 医学一般

結論から申し上げますとポリープは問題が少ない病名です。

基本的に良性の腫瘍です。
健診や人間ドックでは胃・食道・十二指腸・胆のうに見られます。

軽度の盛り上がり、半球状、球状、有茎性(なめこのように茎のあるタイプ)といろいろな形があります。

色調や凹凸、表面の形状で悪性が疑われると細胞の一部を採取する生検検査が行われます。

ポリープという診断がついて時点でほぼ悪性の疑いがないということになります。

ただ、大腸ポリープだけは例外で多くの場合将来大腸がんになりますので1年から2年に一度の大腸カメラによる経過観察が必要です。5~7mmになるとポリペクトミーという内視鏡的な手術で切除し大腸がんを発症する前に処置してしまうことが一般的です。

胃・食道・十二指腸・胆のうにポリープが見つかってもあわてることはないということになりますね。