ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

「乳がんという病気について」

2015.09.24 医学一般

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶が乳がんになったことを報告されました。

http://www.ncc.go.jp/…/informat…/press_release_20150428.html

乳がんは実は頻度の高いがんです。以下のような特性を持っています。

・一生の間に12人に1人の女性が乳がんを発症している。
・年間に8万9千人が発症し1万3千人が亡くなる。
・発症数は第一位で死亡数は第5位。
・がん検診に含まれるマンモグラフィーに加えて超音波検査を追加するとより早期に診断できる。
・乳がん検診率は4割ほどで欧米の8割に比べて低い。乳がん発症の急速な増加に意識が追いついていない。
・出産数と乳がん発症率は反比例する。2人以上出産すると乳がん発症は減少する。
・乳房摘出になる確率は3分の1ほど。
・センチネルリンパ節生検によって最低限の必要なリンパ節郭清(切除)で済むようになってきて、リンパ浮腫などの術後の障害を減らせるようになってきた。
・MRIによる検査も加えると術前にがんの状態をより詳細に把握できる。
・抗がん剤に加えて免疫療法も有効で予後が良くなってきている。
乳がんをはじめとして、胃がん、大腸がんは検診を年一度受けていれば死亡に至ることはほぼありません。手術で完治できます。

乳がんはがん検診で受けるマンモグラフィーを毎年受け、1年か2年に一度超音波検査を受けると早期に診断できます。

また生理と生理の間に自己検診することも有効です。
https://www.nyugan.jp/self/

がん検診は多くの方の想像以上に効果があるんですね。