ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

メタボリック・シンドローム

2015.01.23 メタボリック・シンドローム

メタボリックシンドロームについて

・メタボでなくても問題はある
・メタボでも薬を飲まないことはある
・メタボの問題は動脈硬化が速く進むこと

 メタボリック・シンドロームはもはや耳たこのワードですが、意味や問題点がぼやけて理解されることが多いのです。

メタボリック・シンドロームの定義は腹囲が男性で85cm以上、女性で90cmを超えることが第一条件です。腹部で内臓脂肪CTを撮る場合は内臓脂肪の面積が100cm²を超えることです。

第一条件に加えて高血圧症、脂質異常症、糖尿病のいずれか2つ以上が該当するとメタボリック・シンドロームと診断されます。1つだけの該当では予備軍となります。

第一条件が腹囲なので高血圧や糖尿病で治療をしていても基準以下の腹囲ならメタボリック・シンドロームになりません。
反対に腹囲が大きく少しだけでも血圧や脂質が基準を超えていればメタボリック・シンドロームに該当します。その場合は内服治療はしないわけです。

そして肝心なのは、メタボリック・シンドロームを議論するにあたって、放置すれば動脈硬化が早く進み脳梗塞、心筋梗塞の発症を促すということが忘れられがちなことです。

何のためにメタボリック・シンドロームの改善を目指すのかを忘れないようにしたいものですね。