ブログ

このブログでは健康についてさらに興味を持っていただけるような情報と医療情報をわかりやすくご提供してゆきます。内容についてのご質問やご意見をお寄せください。

運動の有無により腹直筋の形態変化

2015.01.19 運動療法

この画像は腹直筋です。

筋肉は筋膜に包まれています。
基本的に筋繊維の数は同じです。

白い部分が筋肉で黒い部分は脂肪です。

上は運動をしていない例ですが、筋膜の中は半分以上が脂肪で筋肉は右方にわずかに見られます。

下は筋肉が充満して厚みが増しています。

同じ腹直筋でもこれだけの差が運動の有無によって生ずるのです。

運動をすると筋繊維は太くなります。

腹直筋に限って言うと鍛える方法は最近話題のものがあります。

-うつ伏せ4点支持ー

肘をまげてうつ伏せになりつま先と肘で体を支えます。
ポイントは腰をまっすぐにすることです。
1分静止しインターバルを置いて再度行います。

5から10回するとだいぶきついですが腹筋と背筋が鍛えられます。

最初はこれから始めると無理なく続けることができます。

一度お試しください。

10940994_833368606722149_8627351814702239669_n

10384521_833368780055465_1621588546507169690_n