標準人間ドック:59,400円

東京人間ドッククリニックで最もスタンダードなコースです。日本人の命を奪っている3大疾患、がん、脳梗塞、心疾患について、より早期に診断することが可能です。

お知らせ:2016年1月以降での予約の申し込み分から人間ドックの価格が改定されます。詳しくは「人間ドックの価格改定について」をご確認ください。

旧価格:54,000円 新価格:59,400円


メタボリック・シンドロームとがんを通常の人間ドックよりも詳細に検査し診断いたします。
東京人間ドッククリニックでは通常の検査項目に以下の検査が加わります。

このコースを予約する


レーザー経鼻胃カメラ

昨年市販されたばかりの高性能胃カメラです。通常の胃がん検診のバリウム検査では早期胃がんの診断は困難です。バリウムで食道は検査対象外です。レーザー胃カメラでは胃がん、食道がんをより早期に診断し、ヘリコバクターピロリによって引き起こされる萎縮性胃炎をより正確に診断できるようになりました。経鼻ですので苦痛が少ないのは従来通りです。


胸部CT

がん死の原因の第一位は肺がんで年間7万人が命を落とします。レントゲンでの検査での救命率は3割に満たない現状です。胸部CTではより早期に肺がんを診断することができます。また心臓周辺から腹部にかけての動脈硬化の程度も同時に診ることができます。


内臓脂肪CT

メタボリックシンドロームのポイントはまず内臓脂肪量です。正確に測定し生活習慣病との関連をチェックします。内臓・皮下と脂肪の部位別に測定でき食事や運動量の問題点をより正確に把握できます。また腹直筋、腹斜筋、腸腰筋、背筋と筋肉の量を部位別に測定できるのでどの筋肉を使っているかがわかります。


血管年齢測定

メタボリックシンドローム、生活習慣病の問題は動脈硬化です。血管年齢は動脈硬化の有用な指標となります。


肺機能検査

喫煙される方に行います。喫煙で気管支が狭くなったり肺が固くなって膨らみにくくなります。肺機能検査はその程度を測定し肺の老化の具合を測定します。喫煙の影響の程度がわかります。


血中一酸化炭素濃度測定

タバコは本数が同じでも吸い方によって健康への影響は異なります。血中一酸化炭素濃度は吸い方の深さを測ることでニコチン、タールの摂取量を推定できます。


無料オプション

肺年齢測定(肺機能検査)喫煙者の方のみ
乳がん超音波検診
禁煙カウンセリング
ダイエットカウンセリング

無料オプションについてはこちら


有料オプション

腫瘍マーカードック 6,480円(税込)
頭部CT 5,400円(税込)
ピロリ菌検出検査(尿) 3,240円(税込)

有料オプションについてはこちら


当日検査後のご説明

血液データ、肥満度、皮下脂肪量、内臓脂肪量、筋肉量(腹直筋、背筋、腹側筋、腸腰筋)、腹部超音波、頭部CT、胸部CT、肺機能、尿検査の結果をお伝えし、食事療法、運動療法など生活全般の御指導をさせていただきます。

 

※院長よりのお願いです

「人間ドック受診の際には前回の他院の結果をお持ちください」

初心の健診の際に前回の結果をお持ちいただくことは診察する医師にとって大きい助けとなります。

理由は以下の3つになります。

1、以前の受診時と比較することで各データの改善や増悪が分かります。
必要な場合に生活習慣の改善のご指導がスムーズにできます。特に当クリニックのように当日に血液検査の主な結果が出る場合は特に有効です。
血糖値、コレステロール、中性脂肪、肝機能、肥満度などは特に比較しやすいですね。

2、健診を受けるといろいろな病名が付きますが、それぞれの意味を理解するのは難しいようです。
表層性胃炎、萎縮性胃炎、逆流性食道炎、胃ポリープ、脂肪肝、胆のうポリープ、肝血管腫、腎結石、陳旧性肺炎症、ピロリ菌陽性、便鮮血陽性、心電図異常などです。

健診の結果では経過観察とか〇か月後に再検査等の指示が出ますが、問題の程度や具体的な対応を文章ではなく直接医師に質問いただけます。
結果の意味を把握しなければ受診の価値は下がってしまいます。

3、多くの方の健診をして感じることは、健診結果をよく読んでおらず、指示があっても放置される場合があることです。
コレステロールや中性脂肪、糖尿病の再検査の指示や治療を受けるように書いてあっても何もしていない方がおられます。
そんな場合はデータによって重要度の判断をさせていただき適切な指示を出すことができます。
結果が簡潔に記載していても詳細に書いてあってもよく読まない方が少なくないのです。

年齢や性別によって検査結果の意味や解釈は少し異なります。

受診の際に不明なことは遠慮なくお聞きかせください。

このコースを予約する