無料オプション

肺がんと乳がんの検診をサービス

OPTION 1: 肺年齢測定と呼気中一酸化炭素濃度測定

現在、日本での臓器別がん死亡数で肺がんは1位を続けています。当院では人間ドックの無料オプションとして肺機能測定装置を使用して肺年齢を測定し、肺の状態を把握します。特に、ご自身で喫煙される方はぜひ肺年齢を測定してみてください。喫煙本数が多い方は肺年齢が進んでいるかもしれません。胸部CTの所見と照らし合わせることでCOPD(慢性気管支炎、肺気腫)の診断にも有用です。

禁煙指導・カウンセリング

肺がんの一番の原因は喫煙であり、慢性気管支炎・肺気腫など喫煙が原因の問題は多技にわたります。これらの疾患により在宅酸素療法(HOT)を受ける患者数は12万人に達してしまいました。在宅酸素療法に掛かる医療費は毎月約8万円で患者さんの経済的負担は軽視できません。喫煙者の8割の方は禁煙したいと考えておられます。しかし、実際に自力だけで禁煙に成功されるのは5%前後です。当院では人間ドックをお受けになるときの無料カウンセリングだけで禁煙に成功される方がたくさんいらっしゃいます。ニコチン中毒の本態を正しく理解し、禁煙の問題点と関連する疾患についての現状を把握していただき、禁煙実践のテクニックを知っていただければ禁煙に成功されることをお約束します。


OPTION 2: 乳がん検診

女性の18人に1人が罹る乳がんには超音波検査が威力を発揮します。近年、乳がん医療は格段の進歩をみせ、診断率、治癒率、生存率ともに改善を続けています。乳がんは腫瘍径が2㎝以下であれば乳房温存手術を選択できる可能性が高くなります。つまり乳房を切除することなく乳がんを治癒できるのです。但し、そのためには乳がんの発症が始まる30歳代半ばから自己検診と年一回の乳がん健診を受けていただくことが重要です。自己検診では1㎝位から、乳がん健診では5㎜位から乳がんを診断できます。無料オプションとしての乳がん健診は超音波でいたしますが、同時に自己検診の方法をお教えして習得していただいております。