東京人間ドッククリニックの豊富なオプション

東京人間ドッククリニックでは、受診者のお一人お一人のニーズに合わせて、豊富なオプション検査をご用意しております。ご自身のからだの診断や体調・体質確認のため、各検査コースと併せてご利用ください。


消化器

ピロリ菌検出検査(血液中)3,300円(税込)血液検査おすすめ!

近年、ヘリコバクター・ピロリ菌の働きが疾患促進のメカニズムが解明され、萎縮性胃炎を促進し胃がんの発症原因となることや、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の最大の原因であることが分かってきました。年齢とともに保有率は高まり、40才以下では3割以下なのに対して50歳以上では7割以上において陽性です。ご自身がピロリ菌に感染しているかを把握することは重要です。人間ドックで同時に行う胃カメラで、潰瘍や潰瘍瘢痕、強い炎症、高度な萎縮性胃炎が見られたらピロリ菌の除菌を検討していただくことになります。


胃カメラ 9,900円(税込)おすすめ!

胃カメラでの検査は、バリウム検査(胃透視検査)に比べてほぼすべての点で診断能力が優れています。胃がんの早期診断、食道がん、喉頭がんの診断能力、バリウムによる腸閉塞の危険性がある高齢者の診断など胃カメラの優位性は確かです。東京人間ドッククリニックでは、自然光に比べ血管や表面構造がより詳細にわかるレーザー胃カメラを導入し、検査を行っております。


大腸カメラ 27,500円(税込)おすすめ!

検査中は麻酔で寝ていただきますので、苦痛を感じることはありません。30分ほどで終了します。胃がんも大腸がんも肺がんや膵がん等と比べると診断しやすく治癒を期待できます。大腸がんはポリープが成長して発症することが知られています。大腸カメラを施行すると2、3割の方にポリープが見つかっています。サイズの小さいものは経過を見ますが、多くの場合、ポリープは切除され大腸がんの予防が期待されます。


女性

乳腺超音波検査 3,300円(税込)おすすめ!

女性の12人に1人が罹る乳がんには超音波検査が威力を発揮します。乳がんは腫瘍径が2㎝以下であれば乳房温存手術を選択できる可能性が高くなります。つまり乳房を切除することなく乳がんを治癒できるのです。但し、そのためには乳がんの発症が始まる30歳代半ばから自己検診と年一回の乳がん健診を受けていただくことが重要です。自己検診では1㎝位から、乳がん健診では5㎜位から乳がんを診断できます。


女性ホルモン検査(FSH、LH、プロラクチン、エストラジオール) 6,600円(税込)血液検査

FSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体刺激ホルモン)、プロラクチン、エストラジオールの4種のホルモン値を測定し、卵巣機能を調べます。更年期症状や月経不順が気になる方におすすめです。


男性

男性更年期検査 3,300円(税込)血液検査

血中の男性ホルモンの遊離テストステロンを測定します


脳・動脈硬化

頭部CT 5,500円(税込)

頭部CTの特徴は30秒ほどの短時間で主な脳の疾患を診断できます。脳腫瘍、脳梗塞(主に古いもの)、脳内出血、クモ膜下出血、脳奇形、脳浮腫、硬膜下血腫、下垂体腫瘍、副鼻腔炎、眼窩底骨折、頭蓋骨骨折などの診断ができます。


NT-ProBNP(心不全マーカー) 2,200円(税込)血液検査

NT-proBNPは心臓から分泌されるホルモンで、心臓に負担がかかると増加します。動脈硬化症、心不全の指標となる心臓のリスクマーカーで、軽症・無症候性の心不全や狭心症の検出に有用です。


がん関連

がん腫瘍マーカー 6,600円(税込)血液検査

男女別に罹りやすいがんにおいて関連する腫瘍マーカーを測定するものです。腫瘍マーカーを定期的に測定する利点としては、人間ドックで診断できる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がんなどの代表的ながん以外に、診断しにくい卵巣がん、膵臓癌、原発不明がんなどを診断できる可能性が高まることが挙げられます。ご注意いただきたいのは、腫瘍マーカーが異常値を示すようになるのはある程度がんが進行してからです。あくまでも通常の人間ドック、がん検診を受けた上での付加的な検査とお考えください。


アミノインデックス(がんリスク検査) 27,500円(税込)血液検査

血中アミノ酸濃度から、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病のリスクを調べます。血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人の数値のバランスと比較し統計的に解析することで、がんの可能性や将来、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病にかかるリスクを調べる検査です。がんは胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん・子宮がんが対象となります。また、脳卒中・心筋梗塞は今後10年以内に、糖尿病については今後4年以内に発症するリスクを評価します。


その他

新型コロナウィルス抗体検査 4,400円(税込)血液検査

新型コロナウイルス感染症に対する抗体を持っているかどうかを調べる検査です。過去にコロナウイルスに罹って治った可能性や、過去に感染したことがあるかどうかがわかります。IgG を含む抗体の総量を定性的に測定する検査となります。 当該検査は研究試薬での測定となり、結果の臨床的有用性については確立されていないため、診断等の目的での使用はできません


アレルギー検査(39項目) 8,800円(税込)血液検査

アレルギー性鼻炎、花粉症、じんましん、喘息の方におすすめです。アレルギーの原因となる39種類の物質を調べます。

【吸入系アレルゲン】
室内塵(ヤケヒョウヒダニ・ハウスダスト1)、動物(ネコ皮屑・イヌ皮屑)、昆虫(ゴキブリ・ガ)、樹木(スギ・ヒノキ・ハンノキ(属)・シラカンバ(属))、草本類(カモガヤ・オオアワガエリ・ブタクサ・ヨモギ)、空中真菌(アルテルナリア・アスペルギルス)、真菌その他(カンジダ・マラセチア(属)・ラテックス)

【食物系アレルゲン】
卵(卵白・オボムコイド)、ミルク、小麦、豆・穀・種実類(大豆・ソバ・ピーナッツ・米・ゴマ)、甲殻類(エビ・カニ)・果物(キウイ・リンゴ・バナナ)、魚・肉類(鶏肉・牛肉・豚肉・マグロ・サケ・サバ)


抗体4種セット(麻疹・風疹・水痘・おたふく) 7,700円(税込)血液検査

麻疹・風邪・水痘帯状ヘルペス・流行性耳下腺炎(おたふく)に十分な免疫を持っているかを調べることができます。過去に接種したワクチンの効果が気になる方や妊娠・出産を予定している方におすすめです。特に妊娠中の感染が胎児に悪影響を与えるウィルスもありますので、抗体値を把握しておかれることをおすすめします。


HIV抗体 2,200円(税込)血液検査

HIVに感染しているかどうかを調べます。


リウマチ 2,200円(税込)血液検査

関節リウマチ診断の参考になります。関節リウマチ関連抗体(リウマチ因子(RF)・抗CCP・CRP)を測定し、リウマチ発症の可能性を調べます。関節の痛みがある方や将来心配な方にもおすすめです。


甲状腺ホルモン検査 2,200円(税込)血液検査

甲状腺のホルモン値を測定し、甲状腺機能を調べます。甲状腺疾患は気付かれにくく、原因不明のまま「常に調子が悪い」という状態に陥る傾向があります。首の前が腫れている・急激な体重増減・動悸・発汗・倦怠感などの症状がある方におすすめします。特に女性の場合は、うつ、むくみ、月経異常などにもつながりますので、自覚症状がなくても数年に1度の検査をお勧めいたします。


肺年齢測定(肺機能測定) 無料※喫煙者の方のみ(飛沫感染防止のため現在休止中)

現在、日本での臓器別がん死亡数で肺がんは1位を続けています。肺機能測定装置を使用して肺年齢を測定し、肺の状態を把握します。特に、ご自身で喫煙される方はぜひ肺年齢を測定してみてください。喫煙本数が多い方は肺年齢が進んでいるかもしれません。胸部CTの所見と照らし合わせることでCOPD(慢性気管支炎、肺気腫)の診断にも有用です。